日常

プライオリティパスとJGCの維持を考える

クレジットカードの所持計画を考えている。どのカードを持つかということ。その中でも、プライオリティパスとJGCの維持について考えている途中経過のメモ。

今、所持している主なクレジットカードは以下のとおり。

  • マイレージプラスMUFGゴールドプレステージ VISA
    ⇒全ての決算がこれ。国内100円=2マイル、海外100円=3マイル。マイルを貯めるため。
  • ANA SFC VISA
    ⇒SFC維持専用。ワイドゴールドに変える予定。
  • 楽天プレミアム
    ⇒プライオリティパス維持専用
  • ソラチカカード JCB
    ⇒ハピタス等のポイントサイトからANAマイルへの移行専用。たまにJCBラウンジを使う。

まず、プライオリティパス。

今は定番の楽天プレミアムカードを使っているから、約1万円で維持している。でも、楽天カード自体使ってないので、もったいない気分。

そこで、プライオリティパスをやめてダイナースに移行することを考えていた。シティバンク提携のダイナースなら、入会3ヶ月以内に10万円以上、その後は年間30万以上使えば翌年度の年会費が無料。ダイナースはプライオリティパスがついてくるわけではないけど、ダイナースカード自体にラウンジの特典がある。(以前にプライオリティパスとダイナースで使える海外ラウンジも少し比較している)

でも、30万使うということは、もしマイレージプラスMUFGゴールドプレステージで使っていれば、ユナイテッドのマイルが6000マイル貯まる。このマイルの使い方によっては、1万以上の価値はある。

それから、シティバンクダイナースで海外ラウンジ以外の利用は考えていない。そうなるとやっぱり、プライオリティパスを維持したほうがいいな、という結論。ラウンジの数も圧倒的にプライオリティパスのほうが多いこともある。

もう一つの課題は、JGCの維持。

まだJGCは入会もしていないのだが、JMBサファイアに到達したので、入会する予定。これのクレジットカード選定も残る。案は2つ。

一つは、一番安いCLUB-Aカードにする案。これだと、ただのJGC維持専用のカードになってしまうが約1万で済む。もう一つは、プラチナ。プラチナにはJCBとAMEX(MUFG)があるが、どちらもプライオリティパスがついてくる。

もしプラチナにすれば、年会費は約3万。プライオリティパスがあるので、年会費1万の楽天プレミアムは解約できる。JGC維持のための最低額(CLUB-A)も1万なので、残り差額は1万。この1万の価値があるかどうか。

AMEX(MUFG)のプラチナなら手荷物宅配無料という特典がある。これは使いそう。1回約2000円とすれば、5回。使うかな?その他、使うかどうかといえば、コンシェルジュ。でも本当に必要かどうかを判断できない。後はステータス?

JCBのプラチナなら、保険が充実していそう。でも、手荷物宅配はない。

このまま行けば、楽天プレミアムを解約してAMEX(MUFG)ブランドのJGCプラチナを取得するという流れが一番よさそうではある。でも、まだ納得していない。今日はここまで。

,

ANA、羽田-香港線の深夜増便

ANAが羽田ー香港線の深夜便を開始する。

羽田発も香港発も深夜1時台に出発して5時台に到着する便。
NH1249、NH1250便。

こういう新しく増便されると、特典航空券が取りやすいので要チェック。
すでに予約可能になっている。

最近、香港線といえば香港エクスプレス航空が日替わりで就航1周年記念で激安セールをやっている。その対象日以外でも、羽田線、関西線を適当に検索していたら、なんかいつもより安い傾向が見える。他のセールもあるのだろうか。例えば、来年GW初日の5月2日、羽田出発の便も税込み12,000円ほどで出ていた。GW初日でこれは安い。香港行くなら、香港エクスプレスもチェックしてみるといいかも。

, ,

在日本カンボジア王国大使館で3年観光ビザの取得と即日発行ができなかった話

カンボジアのビザが10月から値上げするとのことなので、どうせならマルチビザを取ろうと思って、千代田線の乃木坂駅から歩いて約5分の在日本カンボジア王国大使館に行ってきた。

ビザの料金は、2014年8月の時点で以下のとおり。

  • 観光ビザ・シングル:2,300円
  • 観光ビザ・マルチ1年:4,500円
  • 観光ビザ・マルチ2年:6,500円
  • 観光ビザ・マルチ3年:8,800円
  • 業務ビザ・シングル:2,800円
  • 業務ビザ・マルチ1年:5,500円
  • 業務ビザ・マルチ2年:8,000円
  • 業務ビザ・マルチ3年:10,800円

オンアライバルで取れるシングルビザは、20USD。それが10月からは30USDに値上がりするらしい。それならば、観光ビザのマルチ3年の30USDでも、3年間で3回行けば元が取れる。ということで、3回行くかわからないけど、観光3年の取得を挑戦してみた。

在東京カンボジア大使館までは、以下のようにGoogleMapを見ながら行った。乃木坂駅または青山一丁目駅から徒歩5分ほど。

こんなところ。中に入って、「VISA」と書かれている左のほうの部屋へ進む。到着すると5名ほどの方がビザを取りに来ていた。

そして・・・申請書を提出した。申請書は、在日本カンボジア王国大使館のサイトから入手できるのでそれを印刷してもいいし、大使館に行ってからもらって記入してもよい。

話を戻す。申請書を提出すると内容をチェックされる。そして、観光マルチ3年のビザは出せないとのこと。ただし、業務ビザのマルチ3年ならいただけるという・・。

本当は観光ではないでしょう?というような質問を受けたが、明確な計画などを答えられなかったのが原因だろうか。「多分3回くらいは観光で行くと思うのでマルチのほうが安いから」という正直だけども計画性のない答えがよくなかったのかもしれない。でも、業務3年ビザは2000円高いだけで、別に観光目的の入国もできるということ。さらに追加の書類なども要らないというので、業務3年で申請をお願いした。

それから、即日発行も+1,000円でできるという話をいくつかのブログで読んでいたので、それもお願いしようと思ったが、そんなものはないみたい。なくなったのか?

あとは、控えをもらって、即日発行できないとのことなので次の日移行にまた来ることになった。

その後・・・

後日、無事に3年業務ビザを頂くことができた。

観光3年と業務3年のビザの料金は2000円ほどの差だけど、今後観光3年を取りたい方はきちんと観光3年が必要な理由、というか計画は説明できるようにしていたほうがよいかもしれない。

3.5回の旅行でJMBサファイア会員に到達した

先日、シルバーウィークの旅行をもって、私のJALマイレージバンクのステータスが「JMBサファイア」に到達した。

JMBサファイアの条件としては、1~12月の12ヶ月間に50,000FLY ONポイント(JALグループ便25,000FLY ONポイント以上)を貯めるか、50回(JALグループ便25回以上)搭乗するかのどちらか。私は、全てJALグループ便で50,000FLY ONポイントを獲得したことで到達した。

以前、ANAのプラチナを獲得してもういいかなと思っていたが、2014年は、JALから予想もしなかった「FLY ONポイント50%アップキャンペーン」というのが始まって、どうせ旅行するならJALを使ってサファイアを取っておこうということにした。その結果、海外旅行のための航空券にあまり無理をしない範囲で国内線を前後につけたことで達成できた。

どういう便を使って獲得したのかを記録しておく。記載のFLY ONポイントは、「FLY ONポイント50%アップキャンペーン」と「FLY ONポイントボーナスキャンペーン」が適用されたもの。

①年末年始旅行の復路
JL767便 広州ー成田 エコノミークラス FOP:820

②1回目の旅行
JL33便 羽田ーバンコク エコノミークラス FOP:3,628
JL32便 バンコクー羽田 エコノミークラス FOP:3,628

③2回目の旅行
JL919便 羽田ー沖縄 普通席 FOP:3,352
JL925便 沖縄ー羽田 クラスJ(有償アップ) FOP:3,646
JL35便 羽田ーシンガポール エコノミークラス FOP:4,126
JL38便 シンガポールー羽田 エコノミークラス FOP:4,126
JL913便 羽田ー沖縄 普通席 FOP:3,352
JL916便 沖縄ー羽田 普通席 FOP:3,352

④3回目の旅行
JL903便 羽田ー沖縄 クラスJ(有償アップ) FOP:3,646
NU274便 沖縄ー関西 クラスJ(eクーポン) FOP:2,617
JL727便 関西ーバンコク エコノミークラス FOP:3,316
JL3087便 バンコクー成田 エコノミークラス FOP:3,628
JL3087便 成田ー中部 クラスJ(eクーポン) FOP:979
JL146便 中部ー羽田 普通席 FOP:979

これらに加えて、「初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン」があるので、5,000ポイントを獲得して、計50,195FOPで達成。

ちなみに、③や④のように国際線航空券の前後に国内線をつけるには、電話で予約を変更してもらうことが必要。さらに③の経路ように、同じ空港を何度も経由する場合は決済も電話でしなければならない。ただし、④の経路のように同じ空港を何度も経由しない場合は、決済自体は電話ではなくWebでできる。ただしただし、私の場合は、国際線をすべてクラスJのeクーポンでクラスJを予約したが、その場合は電話での決済となる。

国際線にくっつける国内線で、クラスJを事前に予約するにはeクーポンを持っていることが条件。持っていない場合は、当日カウンターでアップグレードを依頼し、空席があればアップグレードできる。予約はクラスJをeクーポンを使うことにしておいて、当日カウンターで現金やクレジットカードでの支払いに変更することが可能。

,

ユナイテッド航空、マイレージプログラムがまた改悪?

ユナイテッド航空のFFPがまた変更されたそうです。特設サイト(?)ができています。

ユナイテッド航空の搭乗マイルをユナイテッド航空のマイレージプラスに貯める場合に、今まで距離と予約クラスベースでマイル数が決まっていたのが金額ベースになるということ。ほとんどの場合、貯まるマイル数が少なくなると予想できる。

私はあまりユナイテッド航空の便は使わないので今回の改悪は影響ないと思っています。ただ、こうやって年々改悪されていくのが残念です。

ところで、ユナイテッド航空の便は使わないけど、提携カードの「MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ」は使っていますし、これからも使い続けます。このカードは、ショッピング100円で2マイルも貯まるので、すごいです。

ユナイテッド航空の特典航空券は、片道発券可能、燃油サーチャージなし、発着地や路線の変更可能というところがお気に入り。何かあって、電話しても比較的すぐにつながる印象がある。

,

Previous Posts