クレジットカード

プライオリティパスとダイナース、利用できるラウンジの比較(東アジア)

プライオリティパスとダイナースで、どれくらい利用できるラウンジに違いがあるのかを見ています。

前回の日本の空港に引き続き、東アジア地域の主要空港についても確認して、表にしてみたので、お見せします。

東アジアの印象としては、プライオリティパスが中国の地方空港に強いと思いました。ただ、主要空港のみを表にしたので、以下には現れていません。

表記のラウンジの名前は、プライオリティパスのサイトのものをベースにしています。Pがプライオリティパス、Dがダイナースです。

(さらに…)

, , ,

プライオリティパスとダイナース、利用できるラウンジの比較(日本)

プライオリティパスだけのために、楽天プレミアムカードを持っている方も多いと思います。

私もその一人です。

プライオリティパスが利用できることを考えると、クレジットカード年会費の約1万円はリーズナブルではあるのですが、クレジットカード自体を使っていないと、もったいない気分になってしまいます。

そこで、代替案を考え始めています。その一つが、楽天カードをやめて、citibankのダイナースカードに移行する案です。citiではなく、citibankです。

citiと書かれているのがダイナースのプロパーですが、citibankと書かれているのは提携カードです。

その citibankのダイナースカードであれば、年間30万円ショッピング利用すれば、次年度の年会費が無料になるという素晴らしい制度があるのです。

それでいて、海外の多くの空港ラウンジが使えます。

ただ私には、プライオリティパスよりダイナースのほうが使えるラウンジが少ないのでは?という勝手な印象があります。そこで、私が使いそうな空港を中心に比較、検討してみています。その一部をお見せします。今回は、日本の主要空港です。

以下がその比較表。Pがプライオリティパス、Dがダイナースです。

[table id=1 /]

日本では、ダイナースにしても大丈夫そうに思います。成田空港第一ターミナルでは、プライオリティパスでは、United CLUB でシャワーが使えたのですが、ダイナースだとシャワーを使えるラウンジがないというのが、私には一番大きいところです。

成田空港以外のカードラウンジは、ダイナースで使えて、プライオリティパスでは使えないところもありますが、楽天カードでは使えるということも多いので、除外しています。

うーん。次は、海外の空港をを見てみなければいけませんね。

 

, , ,

ハピタス経由でシティエリートカードを作った

昨日、「セゾン・アメリカンエキスプレス・ゴールド・カード」を作ったとお伝えしましたが、もう一枚「シティ エリートカード」も作りました。もちろん、ハピタス経由です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

これで、私のときは、11,000ポイント獲得です。先ほど見たら、今は、13,750ポイントですね。やっぱりお得です。

hapi_celiteこのカードは、残念ながら私が申し込んだときは、初年度年会費無料っていうのはなかったのですが、1年間で3,150円という格安の年会費です。こんなにお得なのに、ゴールドカードなんで国内空港のラウンジも使えます。

私の場合は、審査になぜか3週間も時間が掛かったのですが、発行されて安心しています。昨日紹介した「セゾン・アメリカンエキスプレス・ゴールド・カード」とこのカードと、さらにもう一枚別のゴールドカードを申し込んでいたので心配だったのですが・・・

どんどんハピタス活用していきたいと思います。昨日と今日紹介したクレジットカード2枚申し込んだだけで、ポイントをANAマイルに変えれば、20000マイル以上の獲得になりますよ。

,

ハピタス経由でセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを作った

ハピタスで、新規にクレジットカードを作ってみました。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

作ったカードは「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

hapi_samex今なら・・・

  • ハピタスで、15,000 ポイント獲得
  • 初年度年会費無料なので1年以内は負担なし

それから、このカードの特徴は、

  • 国内空港ラウンジ利用可能!
  • 海外からの帰国時に空港からの宅配が1個無料!
  • エクスペディアの割引あり。

私がいいかなと思ったのはこれくらいでしょうか。あとは、カードフェイスがいいです。
いかがでしょう。何も負担なしで 15,000ポイント得られます。
私はもう手元にカードが届いているのですが、なぜか3週間ほど掛かりました。

ハピタスは、
ハピタス -> Pex -> ToMeCard(ANA ToMeCard) -> ANA マイレージ
と、比較的良い交換率で交換できるのがいいですね。

, ,