プライオリティパス

プライオリティパスとJGCの維持を考える

クレジットカードの所持計画を考えている。どのカードを持つかということ。その中でも、プライオリティパスとJGCの維持について考えている途中経過のメモ。

今、所持している主なクレジットカードは以下のとおり。

  • マイレージプラスMUFGゴールドプレステージ VISA
    ⇒全ての決算がこれ。国内100円=2マイル、海外100円=3マイル。マイルを貯めるため。
  • ANA SFC VISA
    ⇒SFC維持専用。ワイドゴールドに変える予定。
  • 楽天プレミアム
    ⇒プライオリティパス維持専用
  • ソラチカカード JCB
    ⇒ハピタス等のポイントサイトからANAマイルへの移行専用。たまにJCBラウンジを使う。

まず、プライオリティパス。

今は定番の楽天プレミアムカードを使っているから、約1万円で維持している。でも、楽天カード自体使ってないので、もったいない気分。

そこで、プライオリティパスをやめてダイナースに移行することを考えていた。シティバンク提携のダイナースなら、入会3ヶ月以内に10万円以上、その後は年間30万以上使えば翌年度の年会費が無料。ダイナースはプライオリティパスがついてくるわけではないけど、ダイナースカード自体にラウンジの特典がある。(以前にプライオリティパスとダイナースで使える海外ラウンジも少し比較している)

でも、30万使うということは、もしマイレージプラスMUFGゴールドプレステージで使っていれば、ユナイテッドのマイルが6000マイル貯まる。このマイルの使い方によっては、1万以上の価値はある。

それから、シティバンクダイナースで海外ラウンジ以外の利用は考えていない。そうなるとやっぱり、プライオリティパスを維持したほうがいいな、という結論。ラウンジの数も圧倒的にプライオリティパスのほうが多いこともある。

もう一つの課題は、JGCの維持。

まだJGCは入会もしていないのだが、JMBサファイアに到達したので、入会する予定。これのクレジットカード選定も残る。案は2つ。

一つは、一番安いCLUB-Aカードにする案。これだと、ただのJGC維持専用のカードになってしまうが約1万で済む。もう一つは、プラチナ。プラチナにはJCBとAMEX(MUFG)があるが、どちらもプライオリティパスがついてくる。

もしプラチナにすれば、年会費は約3万。プライオリティパスがあるので、年会費1万の楽天プレミアムは解約できる。JGC維持のための最低額(CLUB-A)も1万なので、残り差額は1万。この1万の価値があるかどうか。

AMEX(MUFG)のプラチナなら手荷物宅配無料という特典がある。これは使いそう。1回約2000円とすれば、5回。使うかな?その他、使うかどうかといえば、コンシェルジュ。でも本当に必要かどうかを判断できない。後はステータス?

JCBのプラチナなら、保険が充実していそう。でも、手荷物宅配はない。

このまま行けば、楽天プレミアムを解約してAMEX(MUFG)ブランドのJGCプラチナを取得するという流れが一番よさそうではある。でも、まだ納得していない。今日はここまで。

,

KLIA2、プライオリティパスで入れるラウンジが2ヶ所?

昨日、7月8日の日本時間AM1時から、ついにタイ・エアアジアXの成田=バンコク・ドンムアン(DMK)、関西=バンコク・ドンムアン(DMK)の航空券が発売されました。

  • XJ600  バンコク・ドンムアン 01:00 – 東京(成田) 09:15  (毎日)
  • XJ601  東京(成田) 10:30 – バンコク・ドンムアン 15:05  (毎日)
  • XJ610  バンコク・ドンムアン 16:25 – 大阪(関西) 09:15  (週5回)
  • XJ611  大阪(関西) 01:10 – バンコク・ドンムアン 05:00  (週5回)

私も1便購入しておきました。正確な時刻は覚えていませんが、だいたい、0:55くらいに便が検索できるようになりました。その時は、多くの日程で、成田→ドンムアンが22,000円くらい。1:00ちょうどを少しすぎたあたりで、多くの日程で13,000円くらいの価格に変わりました。9月初旬ごろは、1万円を少し割ったくらいの価格もあるようでした。ただ、年末年始や来年5月のGWはすでに3万近くの価格になっていました。

さて、本題。

私は、タイ・エアアジアXではなく、エアアジアXのクアラルンプール線を近々使う予定ですので、KLIA2にて、プライオリティパスで使えるラウンジを確認してみました。エアアジアグループは、今年5月にクララルンプール空港で使用するターミナルが、LCCターミナルから新しく建設されたLKIA2に移転しました。

以前のLCCターミナル(国際線)では、プライオリティパスでプラザプレミアムラウンジが使えました。しかし、移転したばかりのころ、プライオリティパスのサイトで検索しても、KLIA2で使えるラウンジが出てこなかったのです。そこで、旅行日程が近づいてきたので再度確認したところ、2つのラウンジが使えることがわかりました。2ヶ所とも、以前と同じプラザプレミアムラウンジですね。

1ヶ所目はこちら:

klia2_ppass_l1

1箇所目は、Airside ということなので、セキュリティチェック後にあるのだと思います。L8ゲートのそばとのこと。エアアジアのサイトにある搭乗ゲートの地図からL8ゲートを探すと、エリアに「Gate K/L Domestic/International」と書いてあって、国内線なのか国際線なのかよくわかりませんね。プライオリティパスの説明には、Internationalと書いてあるので、ラウンジがあるのは、国際線エリアでしょうね。Kのゲートが国内線で、Lが国際線でしょうか。地図から建物がどうなっているのかよくわかりません。。オープン時間は、早朝04:00から夜0:00までです。こちらは、シャワーは使えないですね。

2ヶ所目はこちら:

klia2_ppass_l2

こちらのラウンジの場所は、Skybridgeの後と書いてあるので、サテライトエリアのようです。オープン時間は、1つ目のほうより少し遅めの朝7時から夜0:00まで。こちらは、シャワーがあるようです。以前のLCCターミナルのシャワーは、トイレの中にある形式で使いづらかったのですが、改善されたのか気になりますね。

 

, , ,

プライオリティパスとダイナース、利用できるラウンジの比較(東アジア)

プライオリティパスとダイナースで、どれくらい利用できるラウンジに違いがあるのかを見ています。

前回の日本の空港に引き続き、東アジア地域の主要空港についても確認して、表にしてみたので、お見せします。

東アジアの印象としては、プライオリティパスが中国の地方空港に強いと思いました。ただ、主要空港のみを表にしたので、以下には現れていません。

表記のラウンジの名前は、プライオリティパスのサイトのものをベースにしています。Pがプライオリティパス、Dがダイナースです。

(さらに…)

, , ,

プライオリティパスとダイナース、利用できるラウンジの比較(日本)

プライオリティパスだけのために、楽天プレミアムカードを持っている方も多いと思います。

私もその一人です。

プライオリティパスが利用できることを考えると、クレジットカード年会費の約1万円はリーズナブルではあるのですが、クレジットカード自体を使っていないと、もったいない気分になってしまいます。

そこで、代替案を考え始めています。その一つが、楽天カードをやめて、citibankのダイナースカードに移行する案です。citiではなく、citibankです。

citiと書かれているのがダイナースのプロパーですが、citibankと書かれているのは提携カードです。

その citibankのダイナースカードであれば、年間30万円ショッピング利用すれば、次年度の年会費が無料になるという素晴らしい制度があるのです。

それでいて、海外の多くの空港ラウンジが使えます。

ただ私には、プライオリティパスよりダイナースのほうが使えるラウンジが少ないのでは?という勝手な印象があります。そこで、私が使いそうな空港を中心に比較、検討してみています。その一部をお見せします。今回は、日本の主要空港です。

以下がその比較表。Pがプライオリティパス、Dがダイナースです。

[table id=1 /]

日本では、ダイナースにしても大丈夫そうに思います。成田空港第一ターミナルでは、プライオリティパスでは、United CLUB でシャワーが使えたのですが、ダイナースだとシャワーを使えるラウンジがないというのが、私には一番大きいところです。

成田空港以外のカードラウンジは、ダイナースで使えて、プライオリティパスでは使えないところもありますが、楽天カードでは使えるということも多いので、除外しています。

うーん。次は、海外の空港をを見てみなければいけませんね。

 

, , ,