JALプラチナ、JCBとアメックスの比較

JALプラチナカードの取得を検討中。

 

JALプラチナ(JGC)を取得すれば、JGCの維持とプライオリティパスの利用が可能。JGCを維持する最低必要である約1万/年(CLUB-Aカード)とプライオリティパスを維持する最低必要費用である約1万/年(楽天プレミアムカード)を引くとプラスで約1万費用が掛かる計算。その他にJALプラチナに付帯するもので自分が1万円分以上のサービスを使いこなせるかが検討の肝。

また、JCBにするかアメックス(MUFG発行)にするかによっても付帯するサービスが異なるので検討が必要。そこで、JALプラチナのJCBとアメックスで付帯サービスを比較するエントリを書こうと思っていたところ、クレ活.comさんできれいにまとまっていたので、メモ。

JCBの方が充実している点が自動付帯の海外損害保険だった。コンシェルジュのサービスは、JCBにもアメックスにもついているが、さまざまなブログを参考にするとJCBの方がサービスがよさそうに感じる。また、カードフェイスもJCBエンブレムが好み。

アメックスにのみあるサービスが空港手荷物宅配が往復無料。また、アメックスなので海外ではこちらの方が使いやすいと思う。

なお、JALの紹介ページを見ると、JCBのサービスにある「グルメ・ベネフィット」相当のものがアメックスにないように見えるが、MUFGのサイトを見ると「プラチナ・グルメセレクション」という似たようなサービスがしっかり用意されている。その内容がどうなのかはわからない。

引き続き、悩みます。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。